menu
  1. レビトラの即効性について
  2. レビトラの病院処方に関して
閉じる

EDの原因って何?薬以外で治す方法ある?

男性の病気のなかで最も身近におこるものがEDです。
年齢を重ねることで勃起力に不安を抱える人は少なくありません。
その原因を知っておくことで、若いうちから予防をすることができます。
原因となるものはいくつかあるので、現在EDになっている人は、その原因を探っていくといいでしょう。

最も一般的な要因としては、生活習慣によるものです。
アルコールを摂取しすぎていたり、過度なストレスや喫煙の習慣は血流を悪くし、血管を補足するため下半身の血の巡りを悪くします。
糖尿病や高血圧などが血管や神経に支障をきたしておこるものを器質性のEDといいます。
運動をしたり、良好な睡眠や食事療法によって予防することができます。

心因性のEDも原因のうちの一つです。
心因性には現実心因と深層心因の二つがあります。
現実心因はパートナーからのダメ出しや自分自身に対するコンプレックスにより引き起こされます。
軽いカウンセリングで治療ができでしまうケースもあります。
深層心因は幼いころのトラウマや体験が原因となって引き起こされるもので、無自覚のケースや無意識の場合もあるので、治療にはかなりの時間がかかります。

そのほかに薬剤性によるEDもあります。
中枢神経や末梢神経に作用する薬を服用している場合にもそれが原因となっていることも考えられます。
抗うつ剤や解熱剤や睡眠鎮静薬などがこれに当たります。
身に覚えのないEDの場合には、服用している薬を調べてみるといいでしょう。
病院にいって、医師に相談をしてみるのも治療の一つとなります。

EDを治療しようとする場合には、治療薬に頼るのが一般的です。
しかし、原因次第では治療薬では効果がないこともあります。
そこで用いられるのがICI治療と呼ばれるものです。
ICI治療とは陰茎海綿体注射というもので、陰茎に直接注射を行うものです。
注射後5分くらいで効果があらわれ、3時間ほど持続するのですぐに性交するのがセオリーです。

薬以外でEDを治す方法はあるの?

EDに効果のある薬やサプリメントを服用すれば効果があります。
しかし薬やサプリメントをやめてしまえばまた元に戻ってしまうでしょう。
病院で治療をするには薬から診察まですべて保険対象外でサプリメントを購入してもかなり費用が掛かってしまうはずです。

EDの原因の一つに心因性があります。
体の機能そのものは問題なく心理的精神的ストレスから起こるEDを心因性のEDといっています。
うつ病や統合失調症といった精神疾患のみならず会社などのストレスや夫婦関係などの問題などで起こるはずです。
糖尿病や高血圧などの生活習慣による器質性で生じるEDと服用している薬が原因による薬剤性EDがあります。
しかし薬やサプリメントを服用しても効果がない場合があり、より効果が期待できる方法としてICI治療があります。
陰茎海綿体注射を陰茎に直接注射を行うもので効果はかなり期待できるはずです。

勃起障害が起こる原因は、血行不良による骨盤内の血液の流れが阻害されることで勃起を妨げてしまうからです。
食事も暴飲暴食をして栄養素のバランスが乱れ血液中の脂肪分が増えてしまったり運動不足で筋肉が衰えてしまったりすると血行が悪くなってしまいます。
EDを改善するためには生還習慣を見直し血液をきれいに保つことが大切です。
さらに血行不良は喫煙・ストレス・筋肉疲労・炭水化物や脂質の取りすぎ水分不足などでも引き起ります。

また運動不足により勃起パワーが衰えていることも考えられます。
特に効果的な運動は下半身を鍛える運動のスクワットです。
少ない時間でも毎日少しずつ鍛えることで効果が現れてくるでしょう。
食生活も重要で精液を作るにはたんぱく質やビタミンミネラルが必要不可欠です。
代表的なものは牡蛎やレバーに含まれている亜鉛やビタミンB群、おくらや納豆、山芋、モロヘイヤなどのネバネバ系の食品に多く含まれる栄養素を意識的に取るように心がけましょう。

おすすめ記事

  1. レビトラの病院処方に関して
  2. レビトラの即効性について
ピックアップ記事
  1. レビトラジェネリックにはバリフ、ジェビトラ、ブリトラ、サビトラ、レビスマ、ビリトラなどの種類があり、…
  2. ED治療薬として現在ではいくつか種類があり、病院やクリニックから処方してもらう方法以外にも通販でも手…
  3. 男性の病気のなかで最も身近におこるものがEDです。年齢を重ねることで勃起力に不安を抱える人は少な…
ページ上部へ戻る