menu
  1. レビトラの病院処方に関して
  2. レビトラの即効性について
閉じる

レビトラを使用する前に知るべきこと!副作用は?

レビトラは国内では2番目に認可されたED治療薬であり、即効性が高く食事によって影響をうけにくいことが大きな魅力です。
これは、レビトラの有効成分であるバルデナフィルが、体内に吸収されやすいといった特性によるもので、早い人であれば服用から20分程度で作用が実感できます。
また、食事については概ね700kcal未満であれば、食後にレビトラを服用しても作用が半減することはありません。
なお、レビトラはバルデナフィルの含有量により5mg、10mg、20mgの3種類があり、主に10mg、20mgが使用されています。

レビトラの副作用としては「顔のほてり」「目の充血」「鼻づまり」「動悸」「めまい」があげられますが、これはバルデナフィルに含まれる血管拡張作用が引き起こすものであり、レビトラを服用する大半の人が実感する症状です。
したがって、薬の作用が減少するのと同時にこれらの症状も解消されますから、あまり心配する必要はありません。
このほかにも血管拡張作用は、軽い頭痛を引き起こすことがありますが、ロキソニンが配合された市販の頭痛薬で緩和することができます。

ただし、レビトラを服用した際、心臓に痛みや圧迫感を感じた場合には注意が必要です。
血管拡張作用は、同時に低血圧を引き起こすことがあり、その結果、心臓に十分な血液が循環しなくなります。
とりわけ、心筋梗塞や不整脈など、心臓に関する疾患がある場合には、狭心症の発作を引き起こすことがあります。
特に心臓病などの治療薬は併用禁忌薬に指定されている可能性が高く、レビトラと併用することは禁止されています。

レビトラは医療機関で処方箋を交付してもらうとで、購入することができますが、医療機関では服用上の注意点や副作用の内容を丁寧にレクチャーしてくれます。
なので、自分に合った容量のレビトラを処方してもらえますから、とりわけED治療薬を初めて服用する人は事前に診察を受けておくと安心です。

レビトラによる副作用の症状が現れた時の対処法

もしレビトラを服用して副作用が現れたときは、まず慌てずに様子を見ることが大切です。
軽い動悸やほてりが現れても、セックスに支障がなければ無視しても構いません。
むしろ薬が効いているということなので、やる気を起こす方もいるぐらいです。
我慢できないほど頭痛がひどいときは、鎮痛剤を併用しても問題ないといわれています。
またレビトラの血管拡張作用が切れる4~5時間後には、こうした副作用も自動的に解消されるので心配ありません。

そのほかにレビトラの副作用としては、色が普段と違って見える視覚障害が挙げられます。
これも重い症状ではありませんが、めまいを起こす可能性もあるため、万が一のことを考えて自動車の運転などは避けたほうが良いでしょう。

正しい用法や用量を守らず、自己流で適当に服用した場合、副作用が現れる可能性が高くなります。
レビトラは大量に飲めば飲むほど勃起力や持続時間がアップするわけではなく、許容量を超えると意味がないばかりか、副作用のほうが強く出てしまいます。
あらかじめ医師の指導を受け、適切な用法と用量に従って服用することが大切です。

確率としては低いものの、もし重大な副作用が現れたときは、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。
狭心症を治療中の方はもちろん、普段から血圧に問題がある方や、肝臓や腎臓に持病がある方などは、特に注意する必要があります。

どうしても副作用に慣れないという方は、ほかのED治療薬に切り替えてみるのもひとつの方法です。
レビトラは副作用の比較的少ない薬ですが、体質によっては別の薬のほうが合っている場合もあります。
また副作用が強すぎると思ったら、半分に割って服用するのもよいでしょう。

おすすめ記事

  1. レビトラの病院処方に関して
  2. レビトラの即効性について
ピックアップ記事
  1. レビトラジェネリックにはバリフ、ジェビトラ、ブリトラ、サビトラ、レビスマ、ビリトラなどの種類があり、…
  2. ED治療薬として現在ではいくつか種類があり、病院やクリニックから処方してもらう方法以外にも通販でも手…
  3. 男性の病気のなかで最も身近におこるものがEDです。年齢を重ねることで勃起力に不安を抱える人は少な…
ページ上部へ戻る