menu
  1. レビトラの病院処方に関して
  2. レビトラの即効性について
閉じる

レビトラの即効性について

解説する白衣の女性

ED治療薬について、日本では1999年にバイアグラが認可され、その後2003年にはレビトラ、2007年にはシアリスが認可され3大ED治療薬と呼ばれています。
これらのED治療薬の効果は同様であるものの、それぞれに特性を持っており優劣をつけるものではありません。

日本で2番目に認可されたレビトラの最大の特徴は速効性であり、多くのリピーターに支持されています。
また、食事の影響を受けにくく、勃起時の硬さにも定評がありますが、その効果を最大限に実感するためには正しい服用方法を実践しなければなりません。

レビトラも他のED治療薬と同様に病院処方が基本ですが、最近では個人輸入でも購入することが可能です。
しかしながら、最近では偽物も数多く出回っていることから、個人輸入代行サイトを利用する場合には十分に注意して、正規品を入手することが大切です。

レビトラの最大の特徴は速効性!正しい飲み方

レビトラは1998年のバイアグラに続き、2003年にドイツで開発され世界で2番目に認可されたED治療薬です。
バイアグラの弱点とされてきた、食事の影響を受けやすいといった点が改良され、何といっても速効性においては、他のED治療薬を圧倒するほどの効果が得られます。
現在では、有効成分の含有量によって5mg、10mg、20mgの3種類が製品化されています。

レビトラの最大の特徴は速効性にありますが、その実力は、バイアグラが服用してから効果が現れるまでの時間が約40分、シアリスが約3時間であるのに対して、僅か20分程度ですから、その速効性は驚異的とも言えます。
これだけの速効性を実現した最大の理由は、有効成分であるバルデナフィルの水に溶けやすいといった特性にあります。
そのため、レビトラを服用するとバルデナフィルが素早く体内に浸透し、その効果を発揮し始めるのです。

さて、バルデナフィルのEDに対する効果ですが、バイアグラやシアリスの有効成分と同様に、勃起を促す成分であるcGMPを阻害する酵素であるPDE5を抑制する効果があります。
したがって、PDE5の分泌が抑制されると、必然的に血管が拡張され陰茎部に血液が流れ込みますから、正常な勃起が促されるという点では、バイアグラやシアリスと同じ仕組みです。

さて、バルデナフィルの速効性は、単に効果が現れるのが速いというメリットだけでなく、食事の影響を受けることが少なく、理想的な勃起時の硬さが期待できるというメリットも生み出しています。
バイアグラの場合、胃に食物が残っていると先に食物を吸収するため、効果が半減してしまいますが、レビトラはそれを上回る浸透性があるため、概ね700ckalまでの食事であれば直後にレビトラを服用してもほとんど影響はありません。

勃起時の強度について、一般的に男性の勃起時の硬度は果物のりんご程度の硬さが理想的だとされています。
当然、その硬度を実現するには強力な血流が必要になりますが、レビトラは速効性に優れているため、陰茎部に急速かつ大量の血液を流し込むことができます。
したがって、どのED治療薬よりも強力な硬度を実現することができます。

これらのレビトラの効果を最大限に発揮させるためには、正しい服用方法をマスターする必要があります。
特に注意したいのが服用のタイミングです。
レビトラは20分程度で効果が現れ始めますが、最高血中濃度に達するのは約45分後です。
併せて、レビトラの持続時間は20mgで8~10時間程度ですが、どんな薬にも徐々に効果が薄れ始める半減期があるように、レビトラは約5時間後に半減期を迎えますますからこの時間を考慮する必要があります。

したがって、レビトラを服用する際は、血中濃度が最高点に到達する時間帯から逆算して性交渉の1時間程度前に服用し、持続時間の前半で挿入することが鉄則となります。
また、思いもよらない健康被害に遭わないためにも、定められた用量を厳守することは当然として、1日1回までの服用とし服用後は次の服用まで、24時間以上の間隔を空けることが重要です。

おすすめ記事

  1. レビトラの病院処方に関して
  2. レビトラの即効性について
ピックアップ記事
  1. レビトラジェネリックにはバリフ、ジェビトラ、ブリトラ、サビトラ、レビスマ、ビリトラなどの種類があり、…
  2. ED治療薬として現在ではいくつか種類があり、病院やクリニックから処方してもらう方法以外にも通販でも手…
  3. 男性の病気のなかで最も身近におこるものがEDです。年齢を重ねることで勃起力に不安を抱える人は少な…
ページ上部へ戻る