menu
  1. レビトラの病院処方に関して
  2. レビトラの即効性について
閉じる

レビトラのジェネリックはどんな種類があるの?

レビトラジェネリックにはバリフ、ジェビトラ、ブリトラ、サビトラ、レビスマ、ビリトラなどの種類があり、現在、バリフに関してはこれまで製造した製品は販売できるものの製造中止になっています。
各商品はレビトラ同様の効果が期待できる内容を持ち、魅力の1つに低価格で購入できることがあります。
購入する際に認識しておきたいのは2つあり、まず、日本国内では厚生労働省から許認可を受けた正規品が無いことです。
次にほとんどが個人輸入代行を通じての購入となるために、自己責任による使用はもちろんのこと、偽物を避けるためにも実績と信頼のある代理業者を選ぶことがあります。

元薬となるレビトラは、ドイツに本社を置くバイエル社で開発が行われたED治療薬です。
現在、特許権はバイエル社が保持しており、成分に対しての物質・用途に関しては2018年10月31日、製法に関しては2023年7月3日が特許の存続満了日になります。
日本国内において厚生労働省認可の正規レビトラジェネリックとして扱われるには、レビトラの有効成分であるバルデナフィルの物質特許と勃起不全改善に関する用途特許が満了して必要があります。
製法に関しては、物質・用途特許の満了後であれば製法特許以外の方法でレビトラジェネリックの製造・販売をすることが可能になり、どちらにおいてもバイエル社が保有する特許権が切れることが条件となります。
病院で扱われるジェネリック医薬品はここでの条件を満たしたものであり、現時点で仮にレビトラジェネリックとして処方された場合には、並行品であることを認識しておく必要があります。

レビトラジェネリックのほとんどはインドで製造されたものが輸出されています。
例えば、バリフはマハーラーシュトラ州ムンバイに拠点を置くアジャンタ・ファーマ社、ビリトラはグジャラート州ヴァドーダラーにあるセンチュリオン・ラボラトリーズ社が製造元です。
ここでの疑問は、元薬となるレビトラの特許が存続しているに関わらず、なぜ製造が可能なのかという点です。
その理由は、インドには物質・用途、製法の2つの特許が無く、製法特許のみが設けられていることがあります。
つまり、レビトラとは異なる製法を用いることで製造が可能になっています。

レビトラのジェネリックには偽物が存在する

先程お話したように、現在日本国内においてはレビトラのジェネリック品は製造されていません。
これは特許期限が切れていないためです。
ジェネリック製造元の大半はインドですが、有効成分であるバルデナフィル自体は同じなので効果はレビトラと同じです。

しかし、国内で製造されていないジェネリック品がなぜ通販サイトなどで販売されているのか。
それは主に個人輸入として仕入れているからです。
そして、個人輸入であることから偽物の混入率が非常に高くなります。
また、レビトラ正規品の偽物だけでなく、ビリトラやバリフといったジェネリック品にも偽物が存在します。

偽物の見分け方として代表的なものはパッケージを確認することです。
これはジェネリック品でも同じで成分表示があれば、きちんとしたものである可能性が高くなります。
逆にないものはまず偽物とみて間違いないでしょう。
しかし、通販サイトなどではパッケージ写真がない場合もあると思います。
そのような際には錠剤の形状や色をしっかりチェックしましょう。
本物の写真は検索すれば出てきますのでそれらと比較し、明らかに異なる場合は偽物である可能性が非常に高くなります。

また、サイトそのものの信用度を確認するという手もあります。
例えば、クレジットカード決済を導入しているサイトであれば比較的信用できるといえます。
というのも、導入するためにはカード会社の審査を通過する必要があるため、危険なサイトや違法サイトでは導入できないのです。

これらの偽物はどのような副作用が出るかもわからず、さらに成分も不明なため大変危険なものです。
偽物を使って危険な目に遭わないためにも病院できちんと診療を受け、処方してもらうことが大切です。
老舗のあんしん通販薬局であればレビトラのジェネリックを通販で購入することも容易でしょう。安価であることも重要とは思いますが、長期に渡り運営している業者を選ぶのも1つの手段です。

おすすめ記事

  1. レビトラの病院処方に関して
  2. レビトラの即効性について
ピックアップ記事
  1. シアリスは、アメリカやヨーロッパでは「ウィークエンド・ピル」という名前で呼ばれており、ED治療薬の中…
  2. レビトラジェネリックにはバリフ、ジェビトラ、ブリトラ、サビトラ、レビスマ、ビリトラなどの種類があり、…
  3. ED治療薬として現在ではいくつか種類があり、病院やクリニックから処方してもらう方法以外にも通販でも手…
ページ上部へ戻る